活気に押しつぶされたバンコク (東南アジア旅行記 #4)

ハノイシェムリアップときて今回はバンコク

旅程概要

3/21(8日目) 22:50バンコク
3/22(9) バンコク中心部(王宮周辺)観光
3/23(10) カンチャナブリー観光
3/24(11) クレッタ島→20:00フアランポーン駅(バンコク駅)から寝台列車ラオス

使った金額:1.5万円ぐらい
通貨単位はバーツ。1B(バーツ)=2.6円ぐらい。 気候:毎日晴れ。昼は暑い。観光地は人も多いので蒸し暑い感じも。通り雨あり。

3/21 Day8

ドンムアン空港から入国

到着はドンムアン空港バンコクの空港はスワンナプーム空港がメインだが、LCCだったのでドンムアン。
入国は23:30をすぎ、鉄道も終電を過ぎているのでタクシーを利用。
空港の悪いレートで5000円両替した後、タクシーを捕まえる。
鉄道やバスと比べるとかなり高かったが、24時を過ぎた頃に宿到着。シャワーを浴びた後に泊まってる人とおしゃべりして就寝。

3/22 Day9

中心部観光

宿を10時過ぎに出てMRT(地下鉄)でフアランポーン駅へ。MRTは全駅巨大ホームドアで到着アナウンスはない。

f:id:bgpiro:20210722142030j:plain
巨大ホームドア

バンコクから出るときの寝台のチケットを買ってから歩いて王宮方面に向かおうとするも、暑過ぎて途中から水上ボートに乗ることに。
この日は本当に暑くて、少し歩くごとにセブンイレブンに入って涼むのを繰り返していた。
ボートは基本15B(40円)。バンコクはバスも鉄道も安くて気軽に乗れる。

f:id:bgpiro:20210722142144j:plain
不安なほど鮮やかなオレンジジュース(10B=30円)
f:id:bgpiro:20210722142220j:plain
切手みたいな紙チケット

船乗り場である駅には救命道具があった。ボートは涼しく、眺めも良い。

f:id:bgpiro:20210722142626j:plain
右に見えるのが駅
f:id:bgpiro:20210722142659j:plain
乗降の様子
f:id:bgpiro:20210722142808j:plain
窓からの眺め
f:id:bgpiro:20210722142815j:plain
駅名標ともしもの時に

当初は直接王宮に向かう予定だったのが、降りる停留所を間違えて行った先がワットアルン。
こちらも超有名なので詳細は省くが、きらびやかな寺院はカンボジアまでにはなかったタイプで美しさにうっとり。

f:id:bgpiro:20210722142926j:plain
ワットアルン

次は川を渡って(ボート。3B)、ワットポー、ワットプラケオと王宮へ。入口がわかりづらい。
ワットポーは寝ているブッダ(英語ではReclining Buddha)がいるところ。
ワットプラケオはエメラルドの仏がいるところ。王宮と接続している。
どちらも観光客まみれで汗だくになりながら見るのでしんどかった。ワットアルンは落ち着いていたのでよかったが、こちらは入場料もめちゃ高いし、2回目はないかなという感じ。
この後は多国籍街、カオサン通り
やはり夜になるほど盛り上がる街だからか、昼下がりの時間は適度な混雑具合。もっとぐちゃぐちゃなのを想像していたが快適。

f:id:bgpiro:20210722143054j:plain
カオサン通り

突然の通り雨。すぐやんだ。湿気が残ることもなく、むしろ気温がちょっと下がって気持ちいい。

f:id:bgpiro:20210722143216j:plain

カオサン通りからはフアランポーン駅方面まで歩き。バンコクは鉄道網が使えなさすぎるので、ネット環境も持たずバスが使えなかった私は歩くしかない。今度はBTS(スカイトレイン)に。通勤時間は本当に混雑していて、主要駅では改札前で入場制限がかかるほど。

f:id:bgpiro:20210722144045j:plain
構内大混雑(19:33)

夜ご飯を適当に食べて、宿に戻り就寝。バンコクの食事は本当に安かったので、クイッティアオとカオマンガイをどっちも食べてしまった。

f:id:bgpiro:20210722144130j:plain
クイッティアオ
f:id:bgpiro:20210722144130j:plain
カオマンガイ

3/23 Day10

カンチャナブリ

カンチャナブリは旅の当初から行って見たかったところなので行くことに。モーチットのバス停から3時間ぐらい。120B。出足が遅すぎたので、遠くの滝まではいけず、カンチャナブリのメインの観光地をいくつか。
(1) 泰緬鉄道博物館
太平洋戦争中の記録を中心に、泰緬鉄道敷設についての展示。日本軍に批判的な説明が多い。
(2) クウェー川鉄橋
「戦場にかける橋」の舞台として有名。今も現役の鉄道橋として使われ、ちょうど鉄道が通る時を見れた。橋の上の待避所で、間近に見ることができてよかった。周辺には、戦争で亡くなった方の慰霊碑があったりもする。

f:id:bgpiro:20210722144248j:plain
鉄道。すぐ近くを通っていく
(3) カオプーン洞穴
鍾乳洞の洞窟。めっちゃ狭く、中に仏像がある。タクシーの運転手に半ば強引に連れてこられたので、メジャーどころではないのかも。私以外に観光客はいなかった。洞窟好きなので楽しかった。

とにかく朝の動き出しが遅かったため、十分回りきれなかったが、まあこんなもんかと。帰りもバス。

3/24 Day11

クレット島

オススメされたので行って見たが別に行かなくてよかったかな…、以上。

寝台列車

宿を19時頃にチェックアウトしてフアランポーン駅へ。靴下やズボン1着をすでに捨てていたので荷物は身軽に。 蒸気機関車も止まってる。屋根付きの駅舎の中でこの煙。天井が高いため、けむたい感じはなかったが…

f:id:bgpiro:20210722144520j:plain
屋内の蒸気機関車

座席がベッドに。乗務員さんが変えてくれた。

f:id:bgpiro:20210722144747j:plain
座席が、↓
f:id:bgpiro:20210722144747j:plain
ベッドに。

ベッドは私(177cm)でも足を伸ばせるぐらいの広さで、しっかりと寝られた。地球の歩き方、リュックサックとともに写真を撮った。ビニール袋に入っているのは布団。
f:id:bgpiro:20210722145041j:plain

バンコク感想

一言でいうならばにぎやかな街、だった。旅行では風景やゆったりとした時間を求めている私にはあまり肌館として合わない街だった。観光地とかでないので上では触れなかったが、市場の周りとか結構においがきついところもあった。次大尉に行くならチェンマイとか行ってみたい。

~~~
次がこの旅最後の街、ラオスルアンパバーン

次(7/28更新予定):
https://bgpiro.hatenablog.com/entry/seasia5

前:
https://bgpiro.hatenablog.com/entry/seasia3

自然と歴史を満喫:カンボジア・シェムリアップ (東南アジア旅行記 #3)

旅程概要

3/18(5日目) 19:05シェムリアップ国際空港(①)着
3/19(6) アンコールワット(②)朝日→ベンメリア(③)
3/20(7) オールドマーケット(④)→アンコールワット周辺ツーリング
3/21(8) プレアヴィヒア(⑤)→22:05の便でバンコク

カンボジアではドルを使う。セントはなく、細かいのはリエルで帰ってくる。1ドル=4000リエル。
また、汚いドル札は使えないので注意。また、高額紙幣を受け取ってもらえなかったりもするので、20ドル札が使えなくて実質の持ち金がいきなり減ったりする。注意。

気候:毎日晴れ。昼は35℃ぐらいまで上昇。カラッとした暑さだが、雲がなく日光が当たり続けるので体感はもっと暑い。現地で日焼け止めを購入。

(③ベンメリア・④プレアヴィヒアは中心部からかなり北東方向に進んだところある)

3/18 Day5

入国

シェムリアップ国際空港に降りた瞬間から落ち寄せる湿度と熱気。時間は19時を過ぎているのにハノイでは感じないモワッとした暑さ。実際は湿度を感じる暑さは空港だけだった。

続きを読む

一人海外の試練を感じたハノイ (東南アジア旅行記 #2)

東南アジア旅行記第2回、ここからは各都市編。
まずは最初についた国、ベトナムハノイ。概要からスタート。

旅程概要

3/14(1日目) 16:35 羽田→20:40 ハノイ・ノイバイ空港(①)
3/15(2) ハノイ市内観光(②)
3/16(3) ニンビン(チャンアン)(③)
3/17(4) ハロン湾(④)
3/18(5) 宿の周りでゆったりして17:20の便でシェムリアップ

気候:ほぼ晴れか曇り。雨が降っても霧雨で傘は不要。気温は朝晩は20℃弱、昼でも25℃ぐらいで半袖でOK。夕方に備えてカーディガンを持ち歩いていたぐらい。湿度も低く過ごしやすかった。

3/14 Day1 入国

初めての1人海外で、羽田空港までは緊張。

続きを読む

2018.3 東南アジア旅行記 #1

2018年3月に東南アジアに旅行した時の記録です。 この旅は自身2回目の海外にして初のひとり海外旅行だったという意味で、これまでの旅行の中でも特に印象に残っています。

旅程

3/14 日本出国
①3/14~18 ハノイ(ベトナム)
②3/18~21 シェムリアップ(カンボジア)
③3/21~24 バンコク(タイ)
④3/25~27 ルアンパバーン(ラオス)
3/27 ラオス出国後、ハノイでトランジットして28日に帰国

準備

定番の地球の歩き方をガイドブックとして買った。コンパクトなA5に情報がまとまっていてよい。東南アジア版は本屋で、しばらくして古本屋で偶然ベトナム版を見つけて買ったような。結果的にはベトナム版は重かったので持たなくてもよかったかなと思ったり。

f:id:bgpiro:20210720230453j:plain
持つだけで安心する

費用

日本からの往復も含めて、都市間移動に11万ぐらい。今回はコストと体力面、初めての一人海外であることを考慮して長距離バス移動を避けたので、都市間移動は1箇所(バンコクラオスの鉄道)を除きすべて飛行機使用。
これに現地でかかった費用を合わせて旅行中にかかった費用は18万程度。

~~~
次の記事からは各国の記録。まずはハノイから!

次:
一人海外の試練を感じたハノイ (東南アジア旅行記 #2) - pirologue

迷路探偵ピエール:ラビリンスシティ

迷路に隠れる手がかりを集めながらミスターXを追いかけよう!というテーマのゲームを遊びました。 f:id:bgpiro:20210712183427p:plain

内容と特徴

10個のステージで迷路をゴールする。
各ステージは手書き風のイラストで描かれていて、「ウォーリーを探せ」のようにとにかく絵が敷き詰められている。
ステージ内にはたくさんの仕掛けがあり、とにかく探索が必要。
時間制限はなく、ゆったりと好きなペースで遊べる。

f:id:bgpiro:20210711222745p:plainf:id:bgpiro:20210711222755j:plain

クリア時間

4時間程度

感想

◎良かった点
・雰囲気が良い。他愛もない会話もフレーバーとして楽しめる。

続きを読む

Exponential Idleに関する何か

y^ x_n
1.2 1.5
1.4 6
1.6 24
1.8 96
x1 1000
2 2000
2.2 16000
x2 64000
2.4 128000
2.6 1.024E+06
x3 2.408E+06
2.8 8.192E+06
3 6.554E+07
x4 2.621E+08
3.2 5.243E+08
3.4 4.194E+09
3.6 3.355E+10
3.8 2.684E+11
4 2.147E+12
x5 6.872E+13
4.2 3.000E+15
x6 3.518E+16
4.4 9.600E+16
4.6 3.072E+18
x7 1.801E+19
4.8 9.830E+19
5 3.146E+21
x8 9.223E+21
5.2 1.007E+23
5.4 3.221E+24
5.6 1.031E+26
5.8 3.299E+27
6 1.056E+29
6.2 3.378E+30
6.4 1.081E+32
6.6 3.459E+33
6.8 1.107E+35
7 3.542E+36
7.2 1.133E+38
7.4 3.627E+39
7.6 1.161E+41
7.8 3.714E+42
8 1.188E+44
8.2 3.803E+45
8.4 1.217E+47
8.6 3.894E+48
8.8 1.246E+50
9 3.988E+51
続きを読む

オンライン謎解きで知らない世界を満喫「ワールド謎ツアー」

ステイホームで注目を集めているオンライン謎解き。
LINEとGoogleストリートビューを使用して、世界のいろいろな場所を使って謎を解いていくスタイル。

realdgame.jp

「謎を解いて、世界一周の旅へ」のキャッチコピーにつられて友人と2人でプレイ。

今回遊んだ「ワールド謎ツアー」は実質2人専用。 キットには赤と青があり、片方が赤、もう片方が青を持っていればオンラインでも楽しめる。
一緒の空間でも遊べるがPC(スマホ)操作とかもあるのでそれぞれが画面を見れる環境がいいと思う。

キット 赤と青

続きを読む