メコン川を眺めてゆっくりとした時間を過ごしたラオス・ルアンパバーン (東南アジア旅行記 #5)

東南アジア一周旅、最後の国は内陸国ラオス

旅程概要

3/25(12日目) ビエンチャン着→ルアンパバーン
3/26(13) ルアンパバーン
3/27(14) ルアンパバーンハノイ
3/28(15) ハノイで空港内宿泊(トランジット)→羽田へ帰国

使った金額:1万円ぐらい
バンコクで余らせたバーツをキップに両替。
バーツも使えるが、若干割が悪い。日本円からの両替だとバーツを挟んでもレート変化なし。 気候:初日は晴れ。翌日からはずっと曇り。

3/25 Day12

入国

前の記事でも書いた通り、バンコクからは寝台列車ラオスへ移動。
寝台列車は爆睡。とても心地よく寝られて、朝も自然と起きられた。列車に限らず車内は冷房がきついことがほとんどなので長袖が役に立つ。
意外にも終点のノーンカーイまで乗る乗客は少なく、僕の乗っていた車両では4割ぐらい。
ノーンカーイは涼しく、長袖でちょうどいいぐらい。

f:id:bgpiro:20210817192142j:plain
タナレン駅
f:id:bgpiro:20210817192257j:plain
駅に泊まる列車

空港までの途中で朝食を食べた。タレが辛かった。 f:id:bgpiro:20210817192436j:plain

続きを読む

動画編集やってみた【Davinci Resolve / Unrailed!】

2021.08.17

緊急事態宣言にも慣れてきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私は8月上旬に旅行を計画していましたが、緊急事態宣言が出たためキャンセルをして、残ったのは暇な夏休みといった状況でした。

やりたい資格の勉強はあるとはいえ、やはりゲームをしてしまいます。ハマっていたゲームは『Unrailed!』というゲームでした。
駅間をつなぐ線路を延々と作っていく、協力ゲームです。「無限オーバークック」というのが一番しっくり来ています。
Vtuberがときどき配信しているゲームのでご存じの方がいらっしゃるかもしれません。

このゲームにかなりはまりまして、基本は友人と協力プレイなのですが1人でもbotとせっせと頑張るモードがあってそちらを1日中やったりしていました。
その中で1つ満足する結果が得られまして、せっかくだし動画編集してみよう!と思い今回の話になります。

使用したソフト

実は10年ほど前に数本の動画をYouTubeにアップロードしていたことがあり、その頃はAviUtlを使っていました。黒歴史なのでチャンネルごと消しましたが。
しかし、今回は時間もある、まあまあいいスペックのいいPCもあるということで動画編集ソフトを探すことにしました。
条件は以下の通りです。

  • 無料
  • ロゴが入らない
  • 使い方動画がある

これに当てはまったのが「Davinci Resolve」でしたのでこちらを使用しました。
結論としてはこのソフトで正解だったなと。ちゃんと動きますし、イメージ通りのものが作れています。
編集画面は下のような感じで、直感的に使えます。

f:id:bgpiro:20210816233622p:plain
編集画面

続きを読む

活気に押しつぶされたバンコク (東南アジア旅行記 #4)

ハノイシェムリアップときて今回はバンコク

旅程概要

3/21(8日目) 22:50バンコク
3/22(9) バンコク中心部(王宮周辺)観光
3/23(10) カンチャナブリー観光
3/24(11) クレッタ島→20:00フアランポーン駅(バンコク駅)から寝台列車ラオス

使った金額:1.5万円ぐらい
通貨単位はバーツ。1B(バーツ)=2.6円ぐらい。 気候:毎日晴れ。昼は暑い。観光地は人も多いので蒸し暑い感じも。通り雨あり。

続きを読む

自然と歴史を満喫:カンボジア・シェムリアップ (東南アジア旅行記 #3)

旅程概要

3/18(5日目) 19:05シェムリアップ国際空港(①)着
3/19(6) アンコールワット(②)朝日→ベンメリア(③)
3/20(7) オールドマーケット(④)→アンコールワット周辺ツーリング
3/21(8) プレアヴィヒア(⑤)→22:05の便でバンコク

カンボジアではドルを使う。セントはなく、細かいのはリエルで帰ってくる。1ドル=4000リエル。
また、汚いドル札は使えないので注意。また、高額紙幣を受け取ってもらえなかったりもするので、20ドル札が使えなくて実質の持ち金がいきなり減ったりする。注意。

気候:毎日晴れ。昼は35℃ぐらいまで上昇。カラッとした暑さだが、雲がなく日光が当たり続けるので体感はもっと暑い。現地で日焼け止めを購入。

(③ベンメリア・④プレアヴィヒアは中心部からかなり北東方向に進んだところある)

3/18 Day5

入国

シェムリアップ国際空港に降りた瞬間から落ち寄せる湿度と熱気。時間は19時を過ぎているのにハノイでは感じないモワッとした暑さ。実際は湿度を感じる暑さは空港だけだった。

続きを読む

一人海外の試練を感じたハノイ (東南アジア旅行記 #2)

東南アジア旅行記第2回、ここからは各都市編。
まずは最初についた国、ベトナムハノイ。概要からスタート。

旅程概要

3/14(1日目) 16:35 羽田→20:40 ハノイ・ノイバイ空港(①)
3/15(2) ハノイ市内観光(②)
3/16(3) ニンビン(チャンアン)(③)
3/17(4) ハロン湾(④)
3/18(5) 宿の周りでゆったりして17:20の便でシェムリアップ

気候:ほぼ晴れか曇り。雨が降っても霧雨で傘は不要。気温は朝晩は20℃弱、昼でも25℃ぐらいで半袖でOK。夕方に備えてカーディガンを持ち歩いていたぐらい。湿度も低く過ごしやすかった。

3/14 Day1 入国

初めての1人海外で、羽田空港までは緊張。

続きを読む

2018.3 東南アジア旅行記 #1

2018年3月に東南アジアに旅行した時の記録です。 この旅は自身2回目の海外にして初のひとり海外旅行だったという意味で、これまでの旅行の中でも特に印象に残っています。

旅程

3/14 日本出国
①3/14~18 ハノイ(ベトナム)
②3/18~21 シェムリアップ(カンボジア)
③3/21~24 バンコク(タイ)
④3/25~27 ルアンパバーン(ラオス)
3/27 ラオス出国後、ハノイでトランジットして28日に帰国

準備

定番の地球の歩き方をガイドブックとして買った。コンパクトなA5に情報がまとまっていてよい。東南アジア版は本屋で、しばらくして古本屋で偶然ベトナム版を見つけて買ったような。結果的にはベトナム版は重かったので持たなくてもよかったかなと思ったり。

f:id:bgpiro:20210720230453j:plain
持つだけで安心する

費用

日本からの往復も含めて、都市間移動に11万ぐらい。今回はコストと体力面、初めての一人海外であることを考慮して長距離バス移動を避けたので、都市間移動は1箇所(バンコクラオスの鉄道)を除きすべて飛行機使用。
これに現地でかかった費用を合わせて旅行中にかかった費用は18万程度。

~~~
次の記事からは各国の記録。まずはハノイから!

次:
一人海外の試練を感じたハノイ (東南アジア旅行記 #2) - pirologue

迷路探偵ピエール:ラビリンスシティ

迷路に隠れる手がかりを集めながらミスターXを追いかけよう!というテーマのゲームを遊びました。 f:id:bgpiro:20210712183427p:plain

内容と特徴

10個のステージで迷路をゴールする。
各ステージは手書き風のイラストで描かれていて、「ウォーリーを探せ」のようにとにかく絵が敷き詰められている。
ステージ内にはたくさんの仕掛けがあり、とにかく探索が必要。
時間制限はなく、ゆったりと好きなペースで遊べる。

f:id:bgpiro:20210711222745p:plainf:id:bgpiro:20210711222755j:plain

クリア時間

4時間程度

感想

◎良かった点
・雰囲気が良い。他愛もない会話もフレーバーとして楽しめる。

続きを読む